不要な着物は知人にもらってもらうのが一番

不要な着物は知人にもらってもらうのが一番

いらなくなった着物を処分する際、それがまだ着られるようなものなら、なるべく知人に譲ることにしています。

もちろん、古着屋さんに引き取ってもらうという方法もあるのですが、あまり活用したことはありません。元々高価な着物を持っていないから、ということもあるかもしれませんが、買った時と比べてかなり安い値段をつけられることが多いので、そういうものだとわかってはいても、がっかりしてしまうからです。

また、正絹以外の着物は買い取れないという業者も多く(少なくとも我が家の周りはそのようなお店しかありません)、普段着用の木綿やポリエステルなどの着物は引き取ってもらえません。ですので、なるべく知人に譲るようにしています。幸い、着物が好きだという人が周りに何人かいる他、ばらしてお裁縫などに使いたいという人もいます。特に、端切れとして使いたいという人の場合は、状態が良くないものももらってくれたのでとても助かりました。

後々知人がその着物を着てくれたり、着物の生地を使った小物を使っていたりするのを見るのも、嬉しく感じられます。こちらとしても、タンスのスペースが空くのでとても助かります。お金にはなりませんが、損のない処分の仕方だと思っています。

 

 

着物を売るWAFUKUSELLでは日本の伝統衣装和服や着物を買取しているわけではありません。これから着物を売りたい!着物の似合う有名人を知りたい!という人向けに買取の方法をお伝えしています。ぜひすみずみまでご覧ください。